ウォール2

壁に向かって話す人間のブログ

発狂皆伝HARDが再び発狂皆伝HARDするまで 2

 

 

調子がいい日と悪い日とは何であるか、と感じた一週間だった。

前アカウントでのクリアランプやスコアが厭に感じる程腕前が下がっていたため、心機一転アカウントを作り直しての転生BMSライフが始まった。

まず先日の記事を書いた直後の一日の収穫である。

f:id:turuworutu:20170528154236p:plain

まず★22ヴェリエルハード。

個人的に★23の登竜門と位置付けている曲であり、この曲のHARDなくして★23HARDはなし得ない。(一部の曲はこれより楽かもしれないけど)

f:id:turuworutu:20170528154637p:plain

つづいて★23The lost ハード。

後で確認してみたところ、前アカウントのミスカンを更新していることが判明。

このほか★23インペリも再ハード&前垢のミスカンを更新し、波に乗った一日を終えた。

f:id:turuworutu:20170528155212j:plain

 

案外ラクチンだな、リハビリ転生BMSも・・・と思いながらの翌日である。

20分でBMSを終了するという事態に陥る筆者であった。

f:id:turuworutu:20160515223628j:plain

 

一体何が悪いのか。調子の良い日、悪い日の違いとは何なのか。それを深く考える一日となった。

思うにスポーツ選手であれ何であれ、調子の波をコントロール出来る人間はそういない。一流の野球選手でさえ、隔月で調子が変わったりする。音ゲーマーも例にもれず、覚醒する時期もあれば、思うようにいかない停滞の時期がある。

故に、調子が悪い日は運が向かなかったと考えることにする。以前の筆者もそういう思考だったような気がする。多分その原因を探るのは不毛なのだ。一流のスポーツ選手でさえ苦しむ調子の波を一介のゲーマーごときがコントロールするのは難しい話なのだ。

そこで、調子の悪い日の在り方として、翌日も例にもれず腕がだるい症状だったので、★20の曲を適当にハードで死ぬまで回し続けた。銀の風の外れ配置で死んで、多分持続したのは20分くらいだったけれども、下のレベルで打ち止めるよりかは幾分マシな気がした。

 

その翌日はわりと調子が良い日だと感じたので★23に特攻をしかける。

収穫としては以下の二つ。

f:id:turuworutu:20170528155945p:plain

f:id:turuworutu:20170528160002p:plain

どちらも★23のハード難易度としては下~中であるが、収穫には変わりない。他にもオリオンリング、リトハなど惜しいところまで追い詰めることのできた一日だった。

 

振り返ってみれば、調子の波はあるものの順調にリハビリが進んでいる。思った以上にアカウントを変えてプレイするというのがいい方向に効いている。次回の更新時にはリトハゴッドのハードリザルトを投稿できるぐらいまでには戻したい。